オフィス下見してきた 田島ルーフィング株式会社 編

職場訪問研究所です!

秋葉原にやってきました(/^▽^)/

 

アキバと言えば電気街とかサブカルチャースポットのイメージもありますが、結構企業のオフィスビルも多いんですよね!

 

さて今回は田島ルーフィング株式会社を下見します!

防水材や床材の製造・販売を行っている建材メーカー。ビルやマンション、住宅、商業施設など、実は私達のかなり身近な建物の屋根や床に田島ルーフィングの製品が使われていて、建築業界では知らない人はいない存在です。2019年で創業100周年を迎える老舗企業でもあります。

 

床材では機能だけでなく空間演出にもこだわりがあるとのこと、事業が事業だけにオフィスにも期待できそうな予感。。

 

電気街口を出て徒歩3分ほどの秋葉原UDXにオフィスが入ってます!

UDXは就活系のイベント含め色々な催しがよく開催されているので、行った事があるという人も多いのでは。今日は目の前でプロレスのイベントが開催されていました。(´⊙ω⊙`)

 

早速オフィス棟へ。

南ウィングの21階が同社のフロアです。

いい眺め!真ん中のオブジェは謎。

 

 

エレベーターホールのこの床、CMで流れているものと一緒!

 

 

↓この下の画像の床が同じもの!

(ただのミーハーですけどCMと一緒だとテンションあがってしまう。)

 

 

オフィスはこちらです。

 

 

入り口を入ってすぐにエントランスが。

 

 

受付カウンターが明るくてめちゃくちゃ綺麗!

うおぉぉ。。!

 

 

イメージキャラクターの本田翼さんの等身大パネル。

CMは2パターンあるんですよ。可愛い。

 

 

サインも発見。

しかも結構最近ですね。

 

 

ここはオフィス自体がショールーム化されていて、スペースごとに使われている床材が違うんだそう!

 

こんな一角も。

何これおしゃれ過ぎる。

 

 

エントランスすぐのところにあるウェイティングスペース

 

この壁、写真が印刷されてます。

これは設立の年ですね!もうすぐ100周年!

 

 

床にも

 

こちらの写真、オンデマンドで直接床材に印刷してるんだそう!

昔はフィルムを貼っていたようなのですが、剥がれてきてしまうというデメリットが。これだと剥がれないのです。すごい!

モノクロ写真調なのがオシャレ~

 

 

こちらにはインテリア、建築関連の本などがずらり。

 

日経アーキテクチュアの賞も受賞しているようです。

採用したい建材・設備メーカー。業界内での信頼が厚いんだなぁ。

 

 

こんなウェイティングなら待っている間暇しないですね。

 

 

ウェイティングスペースのとなりはラウンジエリアになっています。

 

なんとバーカウンターつき。社員の方が歓送迎会などで使うことも多いそうです。

水曜はノー残業デーなのでよく利用されているんだとか。

 

 

このバースペースの床はビニール素材を木目調にしているんですって。

てっきり木かと。木より歩きやすい。

 

 

ラウンジエリアのボックス席は打合せでよく利用されているそう。

眺めも良いし居心地良さそう。

 

 

ちゃんと電源完備。

長居できちゃう。

 

 

こっちはテーブル席。

何か企業のオフィスというよりオシャレなカフェっぽいですね。

 

 

ここはプロジェクター付き。壁をスクリーンにして説明会などもできます。

ここでお客様向けの説明会などをする場合もあるそうですよ。

 

 

お次はレセプションエリアへ。

それぞれの部屋には自然の名前が付いていて、すべて異なるデザインの床材(カーペットタイルと呼ぶそう)が使用されています。

こちらはオーシャン。

 

 

広いレセプションルーム。会社説明会によく利用されているそうです。

 

このカーペットタイルは格子窓から見た雨が降っている様子をモチーフにしています。

確かに雨のような。。

 

 

ウェーブや、

 

リバーという名前の部屋も。

 

リバーの部屋の中はこんな感じ。

ソファがふかふかしてて座り心地良さそう。

 

 

こうやって見ると各部屋での床デザインの違いがよく分かります。

中の部屋の床は岩肌をイメージしたデザイン。

 

ちゃんとそれぞれのデザインの説明書きもあって、オフィス自体がショールーム化されているというのが納得。

 

 

さて次はいよいよ執務室スペースをお見せいただきます。ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

 

 

執務室はこちら、ワンフロアぶち抜きのオープンオフィスです!

広いのだ!

 

 

こちらには営業、営業企画、物流などの部署が入っています。

 

一番奥にあるここはロッカー。

 

何のロッカーかマークで分かるようになってますね。

マークが可愛い。

 

 

こちら営業部。

一番手前から防水材の営業、その奥が床材の営業、更に奥は戸建て住宅に関わる防水材を営業する部署です。

 

執務室にもボックス席があって打合せできるようになってる。

この席いいなぁ。

 

 

フロアの真ん中にあるここ、給湯室だそう。

なんとおしゃれな給湯室!

 

給湯室って普通は隅っこの目立たない小部屋とかにあるイメージなんですけど、こうやってフロアの真ん中のオープンな場所にあると様々な部署の人同士での交流が生まれて良さそう!

 

 

こちらはコピー機や備品など。

この給湯室やコピー機のある場所はコラボレーションエリアという名がついているそう。

 

 

ちょっと休憩したり打合せしたりもできる。

このカラフルな椅子が素敵♪

 

 

実はこのフロア、コラボレーションエリアにしかゴミ箱がなく各自のデスク周りには置かないようにしているんだそう。だから通路のごちゃごちゃ感がなくてすっきりして見えるのか。

 

 

そしてフロア内で目を引いたのがこの壁!

営業部の横の壁にバーンと貼ってあるのは2020年の東京オリンピックの関連施設のMapです。

 

これから建つ施設の防水材や床材を受注するための営業のターゲティングマップだそうです!

 

オリンピックの関連施設って新国立競技場以外にこんなにも沢山あるんですね~!

各施設の営業状況がちゃんと可視化されていて分かりやすい。

 

防水材や床材は建設の仕上げに使われるため1年後、2年後がかなり仕事が多くなるんだそう!これから入社する人は好景気な時期にちょうどあたるんですね~

 

ちなみに一番売り上げが多いのが防水材で事業全体のうち6割、床材が4割とのこと。

 

 

さて、こちらは床材のプランニングをするデザイナーさんがいる部署。

サンプルがたくさんあります。

 

自由に持って行っていいらしい。

 

こちらのデザイナーさんたちが作ったベースをもとに設計事務所に営業に行くんだそうです。

 

 

その奥にあるのはかなり大きな印刷機。

こんな大きいの初めて見た!どうやら図面などを印刷する用らしい。

 

 

ここは床材のサンプルが置いてある棚。かなりの種類あります。

めちゃ豊富!!

 

 

これだけあると見てるだけで楽しい。

 

これは点字ブロックなのですが、室内用で凹凸が大きすぎず、なおかつ目が見えない人がちゃんと認識できる1.8ミリの高さで作られているとのこと。

2015年グッドデザイン賞受賞です!

 

 

サンプルの棚から通路に出る前に親切にマークが。

サンプルに夢中になって人にぶつからないようにという配慮(?)

 

 

フロアのこちら側は物流、営業サポート、技術サポートの部署があります。

物流は当日出荷の受付が終了してちょっと落ち着いている時間。

 

 

これはサーバー関連の棚。

 

広いワンフロアに本当に色々なものがあるなぁ。

 

同じフロアで仕切りが無いと部署間でのコミュニケーションがとりやすく、とても風通しが良さそうです。

皆さん声を掛け合って和気あいあいとしていて、とても良い雰囲気の社内。

 

 

ちなみにここ秋葉原UDXのオフィスとは別ですぐ近くに本社があります。

このスターライトという名の会議室から見えました。

 

 

tajimaという文字発見。

徒歩15分くらいで行ける距離。

 

 

フロア全体を見て回りましたが、どこも本当におしゃれ。

おしゃれなだけじゃなく、ショールームも兼ねているだけあり、細かい部分までこだわった造りの空間になっていて田島ルーフィングの製品の魅力やどういった事業なのかがよく分かるオフィスでした!

何より社員同士がコミュニケーションをよくとっていて雰囲気の良い職場という印象が強かったです。

 

 

今回オフィスをご案内してくださった人事の岡本さんです。

丁寧にご説明いただき、ありがとうございました!

 

 

田島ルーフィング株式会社のHPはこちら!

https://www.tajima.jp/recruit/sp/

このオシャレなオフィス、是非見に行ってみては?

 

さて、次はどんな会社を下見するのかお楽しみに~