危険!就活生が一番勘違いする“求人広告のフレーズ”とは 

就職コンサルタントの坂本直文です。 

今回のコラムでは、私が求人広告会社でコピーライターをしていた時代のことを書きます。 

 


求人広告を制作する仕事をして要注意だと思ったこと 


私は、証券、広告、新聞、教育の4業界で働いて経験値を積み、就職コンサルタントとして独立しました。広告会社では、求人広告を制作するコピーライターの仕事をしましたが、求人広告にはいくつかの(注意が必要な)“イイ企業だと思わせるフレーズ”があることを実感しました。

 

以下のクイズで、就活生が一番勘違いする“イイ企業だと思わせるフレーズ”をチェックしてください。

 


今回の就活クイズ


 

【当社は、若手から活躍できる企業です】

この求人広告のフレーズから、この企業はどんな企業か推測してください。

 

クイズの解説

若手」という言葉から、「入社後しばらくしてから活躍できる」、あるいは「20代」と推測したのではないでしょうか?

そういった企業もあります。しかし、若手が30代、40代を意味する企業は珍しくありません。
たとえば、40代で部長や取締役になったら、若手が抜擢された…と言われるものです。        

次に、「活躍できる」という言葉から、「ほとんどの若手社員が活躍できる」という期待を持ったのではないでしょうか?

そういった企業もあります。しかし、同期入社のごく一部の社員しか活躍していない場合でも、このフレーズは使われます。「メジャーリーグでは、日本人選手が活躍している」というフレーズと同じです。日本人選手のごく一部しか活躍していないのが実態ですが、このフレーズが使われていると思いませんか?

 


結論


 

【求人広告を読んだら、社員に会って質問し、内容を確認することが大切】

ということです。

 仕事の実態を知るには社員に質問すればよい(勘違いも解消できる) 

社員に会って質問する機会としてお勧めなのは、

  • OB訪問
  • 職場訪問(会社訪問、会社見学)
  • 業界研究セミナーや会社説明会
  • インターンシップ

です。

これらに参加して質問すると、勘違いが解消できるだけではなく、

仕事のやりがい社会人としてのプライベートの充実の仕方もわかります。

 

就職活動の目的は、社会人として最高に幸せになること。

読者の皆さんが最高の幸せを掴めるよう、本音でリアルな情報を提供していきます。

次のコラムも楽しみにしていてください。

 

 

就職コンサルタント 坂本直文